ラーラぱど プラス[L'ala Pado Plus] オフィスで働く女性のための情報(グルメ・美容・エステ・キャリア・スクールetc.)&ブログサイト

女性起業家リレーインタビュー

キャリアを積んだのち、企業の社長として夢を実現してきた女性起業家たち。

その強く、美しい生き方、働き方、想いに迫る、スペシャルインタビューがスタート。

彼女たちが毎回、ご友人の女性起業家を次々に、リレー形式でご紹介! 欠かさずチェックして。

Back Number
ヴィリーナ ジャパン 株式会社 代表取締役 青木 愛さん
Vol. 15

ヴィリーナ ジャパン 株式会社 代表取締役

青木 愛さん ai aoki

プロフィール

1973年生まれ。日本女子大学卒業後、'96年に婦人画報社(現アシェット婦人画報社)に入社。『ラヴィ ドゥ トランタン』、『ヴァンサンカン』、『ヴァンテーヌ』の編集者として主にファッションページを担当。2003年に同社を休職し、渡米。NYの『エル・ガール』編集部にてインターナショナル ファッション コントリビューターとして活躍。'05年に帰国。エル・ジャポン編集部に配属。同年アシェット婦人画報社を退職し、'06年に起業。マタニティウェアの販売を行うサイト「ヴィリーナ マタニティ」を立ち上げる。

★ヴィリーナ マタニティ
http://www.virinamaternity.com
★青木 愛オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/blogvirina/
★書籍『hot mama』カレン・サマンソン著/青木 愛訳
http://www.virinamaternity.com/SHOP/bo06ss87.html


ファッション誌でキャリアを積み、結婚、渡米。
憧れのUS版『エル・ガール』編集者に

  • 南麻布の閑静な住宅街の中にあるオフィスを訪れると、そこにはハイセンスでありながら機能性にもすぐれた色とりどりのマタニティウェアがぎっしりと並べられている。今回、登場してくださる青木 愛さんが代表を務めるヴィリーナ ジャパン 株式会社はマタニティウェアの専門サイト「ヴィリーナ マタニティ」を運営するIT企業。マタニティから産後のパーティシーンまで、ママのライフスタイルにずっと寄り添ってくれる、“オールインワン”の服を提供している。現在、青木さんはヴィリーナの業務以外にも、ママ向けセミナーの講師として活躍したり、数々の雑誌の取材を受けたり、と多忙を極める毎日を送っている。しかし、日々の疲れなど微塵も感じさせず、それどころか、つぶらな瞳の奥からはつねにエネルギーが溢れているような、そんな印象を受ける。 じつは起業する前はファッション誌の編集者だった青木さん。幼い頃からファッションが大好きだった。中学の頃からの愛読書『エル・ジャポン』は、創刊号から読みつづけていたという。
  • 「毎号、2冊ずつ買っていました。1冊は保存用で、1冊はコラージュ用です。自分の好きな服やモデルさんを切り抜いて、自分流に再編集したりしてね。その頃はまさか自分がファッション誌の編集者になるとは思っていなかったけれど、将来はファッションに携わる仕事がしたいな、という想いは漠然とあったかもしれませんね」
  • 大学卒業を控えた就職活動で、真っ先に門を叩いたのは憧れの『エル・ジャポン』編集部。しかし、経験者の採用枠しかないということで断られてしまった。肩を落としつつも出版社に的を絞って就職活動を行った末、婦人画報社(現アシェット婦人画報社)に採用され、当時創刊して間もなかった『ラヴィ ドゥ トランタン』編集部に配属される。その後、『ヴァンサンカン』、『ヴァンテーヌ』の編集部をわたり、ファッションの楽しさを世の女性に伝えてきた。
  • 「自分には服を作ることも、写真を撮ることもできないけど、何かいいモノや情報を探してくることは得意でしたから。それを人に伝える編集というお仕事は、本当に楽しかったですね」
  • 青木さんはどんどん、ファッションエディターの仕事にのめり込んでいった。一方、プライベートでは26歳で結婚。しかし、結婚後、すぐに夫がNYへの2年間の留学が決まり、夫婦離れ離れの生活を強いられることとなる。その間も青木さんはファッション誌編集者として着々とキャリアを積んできたものの、1年を過ぎた頃にその生活に限界を感じてしまった。
  • 「休職し、留学生活中の夫を追って渡米することを決意しました。当時、アメリカのアシェット・フィリパッキ・メディアの副社長を通じて、これまでの実績が認められてUS版『エル・ガール』のスタッフとして働けることになりました」

更新日:2010年4月9日

帰国して編集者として復帰するも、
仕事と育児の狭間で悩み、退職を決意。一念発起で起業

  • 憧れのUS版『エル・ガール』の編集者になることができた。 アメリカの出版業界は日本のそれとは違って、非常に働きやすい環境だった。出産直前まで働いている女性はもちろん、きっちり育児をしながら編集者としてキャリアを積んでいるママもたくさんいた。日本の編集者時代は夜遅くまで働き、自宅に帰れないこともしばしば……という生活だったというのに、夕方には仕事を切り上げて、17時に帰ることもできる。そこにいるみんなが、仕事も、プライベートも大切にしながら、ワークライフバランスを上手にとって豊かな生活を送っていたのだ。
  • 「なぜ、アメリカの編集者はワークライフバランスが実現できるのか?その理由は、そもそもの出版社の仕組みが日本とまったく違っていたからでした。たとえば、日本の編集者はそれぞれが担当の企画を持ち、取材から校了までをひとりで行うことが多いので、仕事量が半端じゃないんですね。でも、アメリカの編集のやり方は違って、すべて分担制。書く人、調べる人、服をコーディネートする人、撮影のディレクションをする人……というように、それぞれの人が自分の専門分野を持っているんです。そうすることで、雑誌全体の統一感も出ますし、クオリティも高くなります。その上、仕事の効率も上がりますから、残業するようなことも少なくなるのです」
  • そんなさなか、妊娠が発覚。産前3ヶ月前まで働き、NYで長男を出産。その後、留学期間を終えたご主人とともに帰国した。かつて勤務していたアシェット婦人画報社(旧:婦人画報社)に復帰し、『エル・ジャポン』の編集部に配属された。『エル・ジャポン』といえば、青春時代から憧れていた雑誌。しかも新卒採用の際に門前払いされた思い出もある。青木さんは張り切って仕事に臨んだ。 しかしながら、アメリカの出版社で経験した“ママでも働きやすい環境”は、そこにはなかった。生後間もない長男を保育所に毎日夜遅くまで預け、病気になっても一緒にいてあげられない。息子のお迎えに行かなければならないから、思う存分仕事に打ち込むこともできなかった。仕事と育児の狭間で右往左往する日々の中で、青木さんは思った。“日本はなんてママになった女性が住みにくい国なんだろう” と。まもなくしてアシェット婦人画報社を退社。そして2006年、一念発起してヴィリーナ ジャパン 株式会社を設立した。
  • 「アメリカでは、ママや妊婦さんはすごく“ハッピー(=幸運)”な存在として扱われるんですよ。たとえば、赤ちゃんを連れて街や公園なんかに行くと、『How lovely baby!(なんて可愛い赤ちゃん!)』と見知らぬ人が声をかけてきたり、いいマタニティウェアを着ていれば、『You look gorgeous!』って、褒めてくれたり。でも、日本だと妊婦さんは、ボディを隠すような服を着たり、目立たないように、って思ってる。でもね、妊娠中って、一生のうちに何度も経験できない貴重な期間。そして、女性が一番美しいときでもあるんです。だから、妊婦さんはどんどん大きなおなかを見せ付けながら歩けばいいと思う。妊婦は周りの人から祝福されて、大事にされるべき存在なんだから」
  • “マタニティの期間にもっとお洒落を楽しんで欲しい――” “ママになってもいい女でありつづけて欲しい――” ヴィリーナ ジャパン 株式会社は、青木さんのそんな想いからスタートした。

更新日:2010年4月19日

疲れたら、“子どもから離れる時間”を作ってみる
それが、ママ業と上手に付き合うコツ

  • NY在住時に長男の妊娠・出産を経験した青木さん。当時、おしゃれなマタニティウェアを求めてはNY中のマタニティウェアショップをしらみつぶしに見て回っていた。さらにはL.A.やシカゴにまで足を伸ばしたこともあったそうだ。 ヴィリーナで扱うのは、青木さんが大好きなマタニティウェアブランドばかり。今でも、サイトに並ぶアイテムは、ご自身が年に数回、現地に買い付けに行き、一着一着、試着をしながらセレクトしているとのこと。
  • 「欲しい商品があれば、手に入るまでとことん探します。先日も、マンハッタンの老舗デパートでハンドメイドのカチューシャに出会って一目惚れ。ブログに掲載したところ、問合せが殺到したため、ブランドの連絡先を必死で探しました。でもいくらメールや電話を掛けてもつながらなくて。最後は直接交渉しよう、と思って、その製造元まで足を運びました。でもトレードショーでしばらく留守にしているようだったので、となりのお店の人に『帰ってきたらここに連絡するように』って、名刺を置いてきたんですね。しばらくしたら連絡をくださって。そこでやっと、接点を持つことができたんですよ」
  • いいものはとことん追い求める――。 それは、編集者時代に鍛え上げられた探究心と取材力の賜物といえるのかもしれない。 起業してから2年ほど経ったとき次男が生まれ、2人のお子さんを抱えながら、仕事も育児もきちんとこなす。そんな青木さんに“ママ業が上手くいくコツ”を聞いてみた。
  • 「無理をしないことですね。ママになると、四六時中、子どもに付きっきりでいなければならない、と思いがちですが、たまには自分のことを考える時間も必要。家族や周囲の人に頼ったり、子育てサポートを上手に活用したりして、育児ストレスのたまらない生活を送ることが大切だと思います。だって、家族の中で、ママはムードメーカーでいなければならないんだから、いつもニコニコしていられる心の余裕がないとね。“私、笑えてないな……” と思ったら危険信号。そういうときには、べビーシッターに子どもを預けてでも、自分の時間を作るべきです。ネイルに行ったり、カフェでお茶したりして、自分に息抜きをさせてあげることが必要だと思います」
  • そんな風に、セミナーでは自らの実体験をもとにママ特有の悩みに答えたり、産後の体系戻しのコツやマタニティファッションコーディネートの講話などを行っているそう。
  • 「ママになってからも、女性は輝きを増します。“マタニティ=人生の大変重要な期間を過ごしている”ということを、もっと多くの妊婦さんに感じていただきたいです。そして、楽しく過ごしているとどんどん美しくなって、顔つきも変わります。自信にも溢れます。これからもヴィリーナを通してそういったことを伝えていきたいです。そして、ママになっても、キラキラと輝いていられるように、そのお手伝いができたらいいな、と思います」
  • 一問一答

    青木 愛さんってどんなひと?

  • Q 食べると元気になれるものとは?
  • A 山盛りの野菜とフルーツを1日1回は食べます。頭も気持ちもすっきりするんですよ。
  • Q 今日の通勤スタイルを教えて!
  • A ガーリーなシンプルワンピに、最近お気に入りのロングネックレスを合わせました。ネックレスは『エル・ガール』時代に通っていたSOHOのお店で見つけたものです。ヴィリーナでもとても売れています!
  • Q お守りコスメを教えて!
  • A クリスチャン・ディオールの「シェール」を使っています。女性らしくやさしい香りが大好きです。
  • Q 仕事で勝負の日、必ずすること、ジンクスはありますか?
  • A 気持ちをしゃんとさせるために、下着、タイツ、キャミソールなどはシーズン毎に買い替えています。肌に近いものは、見えない部分ですがとても大事です。
  • Q 趣味はなんですか?
  • A 読書。雑誌から小説まで、そのときに気になったものを読みます。
  • Q 私よく周囲の人にこんな人っていわれます!
  • A ガチャピンに似てるって、よくいわれます(笑)。

更新日:2010年4月28日

-次回をお楽しみに!